業務用冷蔵庫&厨房機器がもっとわかる!
厨房に関する「もっと知りたい!」に応える情報満載のお役立ちサイト

事例・インタビュー
2017.09.04

世界が認めた大阪・箕面ビール。美味しさへのこだわりとは。

世界が認めた大阪・箕面ビール。美味しさへのこだわりとは。

ここ数年で、目にする機会が増えた「クラフトビール」。

クラフトビールとは、1994年に酒税法が改正され、小規模な製造会社が誕生し、生まれたビールのことです。縮小が叫ばれているビール業界のなかでも、圧倒的な支持を集めています。今回は、大阪で長年クラフトビール造りを手がけ、国内外で多くの賞を受賞している「箕面ビール」の大下社長にお話をお伺いしました。

フクラボ箕面ビールさんの特徴を教えてください。

箕面ビールさんの特徴
大下社長大下社長:

「私たちのビールの特徴は、何杯でも飲めるビールということ。そのために、あまり甘くないよう、そして最終的にはドライに、ちゃんとした『のど越し』と『キレ』というのを意識して、レシピ設計をしています。」

フクラボ季節ごとに商品も入れ替えているとか?

大下社長大下社長:

「はい。箕面市にある直営店では、常時10タップをご提供しています。定番ビールが5種類、季節限定ビールが5種類。その季節でしか味わえないもの、たとえば夏は桃を使用したもの、冬は地元・箕面のゆずを使用したものなど、シーズンごとに入れ替えています。」

フクラボ美味しいクラフトビールを提供するために、欠かせない要素は何ですか?

大下社長大下社長:

「やっぱり温度管理ですかね。保冷は、私たちにとって肝になります。なので、フクシマガリレイさんといえば厨房や冷却技術をよく知られているので、その辺りは安心でした。」

フクラボクラフトビールはビールサーバーにも特徴があると聞きました。

大下社長大下社長:

「そうですね。一般的なビールは、常温に置かれたタンクからビールを取り出して、瞬間的に冷却して提供しています。ですが、クラフトビールの多くは、熱処理やろ過を一切していないので、タンク自体を冷やして置かなければいけません。そのため、タンクを冷やして置ける冷蔵庫のスペースが必要になります。」

フクラボこちらのビールサーバーはとても特徴的ですね。

—こちらのビールサーバーは特徴的〜
大下社長大下社長:

「色んなサーバーがありますが、他と同じものを使っても仕方がないなぁ…と考えていた時に、ちょうど工場のタンクが空いたので、これをサーバーにできないかな?と思い、フクシマガリレイさんにお願いをさせていただきました。」

フクラボ

「ありがとうございます。私たちも、ビールタンクを使用してのカスタマイズは初めてでした。」

フクラボ完成までかなりの期間を要したのでは?

大下社長大下社長:

「実は、そんなこともなかったんです。ここが建ち始めた頃からなので…完成まで、半年くらいでしたかね?」

フクラボ

「そうですね。もともと箕面ビールさんとは、お取り引きがあったわけではなく、はじめましての状態から完成までが半年だったので、どちらかといえばタイトな工期でした。ですが、タンクを真っ二つにすることころまでは、箕面ビールさんの工場にご協力いただけたこともあって、私たちはそれを引き上げて、研磨をかけ、水受けを溶接して…と、かなりスムーズに作業が進められました。」

フクラボオープン時の反響も大きかったのでは?

大下社長大下社長:

「はい。カフェとかではなく、ハッキリと『ビール』と視覚的にわかるようにしたかったので、タンクを使って良かったです。」

フクラボ

「オープンした当時、かなり色々な方が見に来られてましたよね。

大下社長大下社長:

「あとは、知り合いのビアバーの方に、『切ったこのタンクのもう半分が欲しい』と言われましたので、切断した片方は、違うお店で使われています。」

フクラボ今回のカスタマイズで一番苦労されたところはどこですか?

大下社長大下社長:

「施工面も含めて、本当にいろいろと細かな注文をしてしまったんですけど、それにもきちんと応えて作っていただきました。こちらとしては、他の業者さんとは全然違うな~という印象ですかね。」

フクラボ

「ありがとうございます。こちらに要望を出していただく際、とても具体的に作業に移しやすい形でご意見をいただけたので、助かりました。」

大下社長大下社長:

「形が決まっているものを、こうしましょう!というよりは、作りながら固めていく感じでしたよね。」

フクラボ

「そうですね。こういうタイルを使用したい、ここはこうしたい、というご要望を一つひとつ実現していく流れでした。」

大下社長大下社長:

「今回はトイレの鏡なども、古材を使用して鏡を作ってもらったりと、店内の造作物も含めて、すべてフクシマガリレイさんにお願いしました。」

フクラボ

「フクシマガリレイとしては、施工や内装など、本業から飛び出している部分も大きかったので、機能面を重視しがちな、本業の厨房機器メーカーっぽさを極力出さないように努めました。これだけカッコイイものがあるので、それを見せて、引き立てられるように、作業台やサーバー横の棚など、見栄えも含めて、トータルにデザインさせていただきました。」

フクラボ今後チャレンジしてみたいカスタマイズはありますか?

—今後チャレンジしたいカスタマイズ〜
大下社長大下社長:

「カスタマイズというよりは、いつでも場所を選ばずに、冷えたおいしいビールが飲めるシステムがあったらな、と思います。アメリカなどで見られる自転車の空気入れみたいな容器に、酸素を入れてタップを付け、サービングを倒すと同時に自分で…みたいなのもありますけど、もっとちゃんとしたやつがあればいいなと。」

フクラボ

「それおもしろいですね。」

大下社長大下社長:

「そういったものをヒントに、日本でも何かおもしろいものができたらいいなぁ…と思っています。」

フクラボ

「その際は、ぜひご協力させて下さい!」

大阪市内の系列店をはじめ、全国の販売店で、楽しむことができる箕面ビール。なかでも、出来たての新鮮な箕面ビールを味わえるのが、工場から徒歩1分の場所にある直営店WARE HOUSE(ウェアハウス)です。ビールに合ったフードメニューも充実しており、ボトルビールやオリジナルグッズも発売中。世界が認める箕面ビールで、ビールの新たな楽しみ方に出会いませんか。

MHINOH BEER

MHINOH BEER WARE HOUSE

箕面ビール ウェアハウス

住所:大阪府箕面市牧落3-14-18

TEL:072-725-7234

営業時間:
【物販】10:00~21:00
【パブ】11:00~21:00(ラストオーダー20:30)

定休日:木曜日

URL:http://www.minoh-beer.jp/

お問い合わせ・ご相談はコチラ!

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-21-3521

受付時間:9:00~17:00(平日のみ)/休日:土日祝、年末年始