フクシマガリレイフクシマガリレイ

お知らせ

2022.03.28ニュース

滋賀(水口)工場太陽光発電設備稼働開始

フクシマガリレイ株式会社は、ショーケースを製造する滋賀(水口)工場に太陽光発電設備の導入し、2022年3月22日より稼働を開始致しました。

■滋賀(水口)工場 太陽光パネル発電量
今回の太陽光発電設備の導入により得られる年間想定発電量は約820千 kWh (820MWh)です。
これは滋賀(水口)工場で年間使用される電力の約24.5%に相当し、約279tのCO2排出削減につながります。

環境ビジョン『Dramatic Future2050』
ガリレイグループでは、創業100周年となる2051年を見据えて環境長期ビジョン「Dramatic Future 2050」を策定し、温室効果ガスの排出量実質ゼロに挑戦します。
まずは、2030年までのSDGs 「13.気候変動に具体的な対策を」への取り組みを柱とし、環境先進企業として、ステークホルダーからの期待、社会に対して果たす責任を達成するため「環境アクション2030」を策定しました。環境先進企業として、ステークホルダーからの期待、社会に対して果たす責任を達成するため、自社のCO2排出量削減に取り組みます。

詳細はこちらのリリースをご確認ください。

PDFのお知らせはこちら

カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop