フクシマガリレイフクシマガリレイ

HACCP支援システム

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略称で、「気概要因分析必須管理点」と訳されます。HACCPは食品事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握し、原材料の受入から製造・販売までの全ての工程において危害要因(ハザード)を低減・除去するために特に重要な工程(管理点)を特定することで、それらのポイントを継続的に監視・記録をしていく衛生管理の手法です。

普段の衛生管理に「記録」をプラス。

これまでの衛生管理手法では、最終製品から抜き取り検査を行い、安全性を判断していました。
HACCPでは、原材料から最終製品に至るまでの工程ごとに危害要因を排除させる管理手順が定められています。
毎日行っている衛生管理にHACCP手法を取り入れ継続的に監視や記録をすることで、食品のさらなる安全性の向上を図ります。

カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop