フクシマガリレイフクシマガリレイ
  • HOME
  • サポート
  • 冷凍機内蔵型ショーケースの設置とお手入れ

冷凍機内蔵型ショーケースの設置とお手入れ

設置するにあたって

冷凍機内蔵型ショーケースの導入にあたっては、必ず下記の事項を確認してください。

排熱のためのスペースを、必ず取ってください。

製品を設置する場合には、必ず、下記で示す排熱用のスペースの確保をお願いします。

排熱用の換気扇を用意してください。

空調機及び店舗の出入口付近の風が強い場所には、設置しないでください。製品は、風の強い(0.2m/sを越える所:タバコの煙がたなびく程度)場所や周囲温度の高い場所に設置しますと、冷えが悪くなったり、製品の故障の原因になります。

設置する場所の床は、丈夫で水平な所に設置してください。

※外気条件:温度27℃ 湿度70% 周囲風速0.2m/s以下

排水蒸発式に関するご注意

排水処理について

排水蒸発装置を搭載した製品におきましても設置環境が悪い場合(周囲湿度80%以上、周囲風速0.2m/s以上)は、排水量が増え排水処理が必要となります。1日1回以上排水処理皿またはドレンタンクに溜まった排水の処理を行ってください。

排水口廻りの清掃方法

3ヶ月に1度程度、排水口の清掃を行なってください。(例:MEU/K型ケース)

下記の手順で底板を外し、排水口の汚れをぞうきん等でふき取ってください。

蒸発体及び排水皿の清掃に関して

定期的なメンテナンスを怠ると、蒸発体の蒸発能力低下による排水オーバーフローやカビ、微生物の繁殖による異臭の発生につながりますので、必ず、実行してください。

(A)日常のメンテナンス<3ヶ月に1回程度>

バケツに標準濃度の2~3倍の中性洗剤を溶かし、蒸発体を揺すりながら洗浄した後水を、かけて、蒸発体の洗剤をきれいに洗い流してください。

(B)異臭が発生したり、ヨゴレがひどい場合<6ヶ月に1回程度>

中性洗剤で洗浄後、更に、標準濃度の塩素系洗剤で、5分間程、浸け置き洗いをしてください。その後、水で蒸発体の洗剤をきれいに洗い流してください。

コンデンサーフィルターの清掃

内蔵型ショーケースの故障で一番多い原因は空冷コンデンサーフィルターのゴミ詰まりです。フィルターがゴミやホコリで目詰まりしますと冷却能力が低下するばかりか、冷凍機の故障原因となり、最悪の場合冷凍機ユニットの交換(20万~)など思わぬ費用が発生します。清掃のスケジュールを立て1~2週間に1回定期的に清掃を行ってください。

1

オープンショーケース下部のスカートパネルを外します。

警報が発報したり冷却不足が発生した場合はまず先に空冷コンデンサーのフィルターの汚れを確認してください。

2

コンデンサーフィルターを外します。

  • コンデンサー本体のゴミを取る場合は手袋などを使用してください。フィンに直接手を触れるとケガの原因になる場合があります。
  • 掃除機がある場合は直接ゴミを吸い取ってください。
3

水洗いの場合は清掃後充分に水分を取り乾燥後取り付けてください。

ハニカムの清掃

ハニカムが綿ボコリなどで目詰まりしますとエアカーテンの力が落ち、冷却能力が落ちると共に消費電力が年間5~10%増加します。また庫内天井部に水滴がつきやすくなり陳列商品に影響をおよぼすこともあります。電気料の節約の為、半年に1回の割合で定期的に清掃してください。

オープンショーケースのハニカム清掃方法

1

商品の上にホコリよけの布やビニールシートなどをかけてから、ハニカムを引き出します。

両手で取手をつまんで下に引き出してください。冷凍食品用のショーケースの内吹き出しは、形状が異なります。ショーケースによりハニカムの幅・長さ・材質に違いがあります。

2

綿ボコリを取り除き、汚れている面の反対側から水をかけるとよく落ちます。

汚れが少ない場合は掃除機で吸いとってください。

3

洗い終わったハニカムを軽くたたいて水分を取り必ず乾燥後、元に戻します。

ショーケースによりハニカムの幅、長さに違いがあります。
ケース毎に清掃し、間違わないように取り付けてください。ハニカムは、完全に水分を取ってから取りつけてください。

正常なハニカム取付

※ハニカムの形状に注意して取り付けてください。

正常なハニカム取付

上記形状の場合、逆に取り付けますと冷風が遮断され冷却不良の原因になります。

カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop